ラ・フランス|La-France

山形県の名産品である西洋梨のブランド「ラ・フランス(フランス原産で、現地名はClaude Blanchet)」が腐っている様子を描いた作品。
西洋諸国に憧れ、自らの西洋化を至上命題としてきた近代以後の日本も、現代では経済の停滞や人口減など、いたるところでその綻びが顕在化している。地方においては過疎化や限界集落の問題が加速するなど、末端から腐り落ちようとしている。本作は、そのような日本の先端的な問題を抱えた地方の姿を象徴的に表現している。

This is a picture of a rotten "La France" (a pear brand, a specialty of Yamagata).

After Meiji era, Japan admired for Europe and the United States, has made its own westernization a top priority.
However, in today's Japan, decay has become apparent everywhere, such as economic stagnation and population decline.
Especially in rural areas, those problems are accelerating.

This work represent a rural area image with such forefront problems in Japan.

(This text has been translated into English utilizing DeepL.)