末端絵画掲示板

「情報」は時空を超える。それは人間の「情」を変化させ、世界の有り様や自分の身体を以前とは異なるものに変えてしまう。
情報に触れたとき、会ったこともない他人の感情や、遠くの土地での出来事が、あたかも自分の感情や体験であるかのように感じる。例えば私は、祖先とのつながりを知ったとき、土地や国と自らの身体が一体のものだと感じた。そのように、人間は何かを知ることで自分の身体を拡張しているのだ。
山並みに沿うように田畑が広がり、古民家の点在する里山の風景。これが典型的な日本の風景である。そのような風景は、これまで多くの画家のモチーフとなってきた。そのほとんどが、郷土の風景の美しさや雄大さを讃えるものとして描かれている。しかし我々の生きる現代の日本においては、人口減少や高齢化が進み、里山は消滅の危機に瀕している。近い将来には日本の原風景のイメージが全く変質しているであろうことは想像に難くない。
そのような状況では、現代の拡張された身体によって、あらためて郷土を見つめ直すことが必要だ。そうして生まれる絵画は、かつての心温まる郷土画ではなくなってしまうかもしれない。しかし、現在の身体で描く郷土画こそ、日本、ひいては世界の未来像をも孕んだ先端絵画と言えるのではないだろうか。

terminal art info-board

"Information" is transmitted across time and space.
It changes human feeling, and transforms the shape of the world and your body into something different from before.
When I touch information, the feelings of others I have never met and events in distant lands,  feel like my feelings and experiences.
For example, when I knew the connection with my ancestors, I felt that my hometown, the country, and my body were one.
I think human beings extend their bodies and feelings by knowing something.
A landscape of a rural village with rice fields spread along the mountains and dotted with old houses.It is a typical Japanese landscape.
Such landscapes have been the motif of many painters. Most of them are drawn as admiring the beauty and magnificence of the local landscape.
However, in today's Japan, population decline and aging progress, and rural village is in danger of extinction. It is not hard to imagine that Japan's archetypal landscape will be completely altered in the near future.
In such situations, it is necessary to re-observe the landscape with the modern expanded body.The paintings that are then born may not be the heartwarming landscapes of the past.However, only the paintings that are drawn with the present body represent the future image of Japan and the world.

© 2019 TAKURO GOTO