マージナル・マン|Marginal man

山の中や森のなかで、美術家や音楽家がパフォーマンスしている様子を描いた作品。

トンネルの前で裸で戯れる作家は、人間界と自然界の境界線上で自分の野生性を目覚めさせ、確認しようとしている。

ギターを持った男の姿はライフルを抱えた警備兵のようである。山と人間世界の境界線で、音を奏でながら外部からの侵食を警戒している。

A painting depicting artist and musician performing in the mountains and the forest.

The artist frolicking naked in front of the tunnel is trying to awaken and confirm his own wildness on the border between the human world and the natural world.

A man with a guitar. Its appearance is like a guard with a rifle.At the border between the mountain and the human world, he plays the guitar and is alert to outside aggression.

マージナル・マン - 拡声器の男|Marginal man - a man with a loudspeaker

美術家である大槌秀樹氏のパフォーマンスを記録した絵画。
普段から飲酒や拡声器を使用したパフォーマンスを行っている大槌氏に、今回はスーツを着た状態で、夜の山中で人間共同体外部との交信・交渉を図る政治家のような存在を演じてもらった。オレンジ色の道路灯に照らされたその姿は、暖かさを感じる一方で火に焼かれているようである。
またこの作品では、岡倉天心と交流の合ったインドの画家、ナンダラール・ボースの『サティ』という、イギリス支配への抵抗として焼身自殺を図る女性の姿を描いた作品を下敷きにしている。

A painting depicting the performance of artist Hideki Otsuki. He had a performance using alcohol and a loudspeaker. He plays a politician-like presence in the night mountain wearing a suit trying to communicate and negotiate with the outside of the human community. The figure, illuminated by orange road lights, seems to be burned while feeling warmth.
This work is quoted from "Saty", a painting by Indian painter Nandalal Bose who interacts with "Okakura Tenshin", the founder of modern Japanese art."Saty" depicts a woman trying to burn herself as a resistance to British rule.