ヤハハエロ

「おさいとう」「どんど焼き」など地方によって異なる名称で呼ばれる、稲わらを錐形に積み上げて正月飾りなどと一緒に焼き上げる小正月の行事をモチーフとした作品。「ヤハハエロ」は、山形県長井市や白鷹町での呼称。11 月頃から収穫を終えた田んぼなどに設置され、風雪を凌ぐためにブルーシートやオレンジシートなどで防護されている。地方の農村の、ありふれたのどかな晩秋の風物詩だ。
しかし世界各地で凄惨なテロ行為が多発し、その報道がテレビやインターネットを通じて毎日のように報道されている現状では、収穫後の田んぼの真ん中でオレンジシートにくるまれている稲ワラやコンバインの姿は、砂漠を背景にして行われるテロ組織の人質処刑映像と重なって見える。

Yahahaero

A paintings with a motif of local New Year's events, which piles up rice straw in a cone shape and bakes it with a New Year decoration.
"Yahahaero" is a name in Nagai and Shirataka, Yamagata. 
It is installed in rice fields that have been harvested from around November, and is protected with blue or orange sheets to protect the wind and snow. It's a typical, ordinary late-autumn feature in rural areas. 
However, under the current situation where tragic terrorism occured frequently in various parts of the world and the news is reported daily through television and the Internet, The appearance of rice straw and combine wrapped in orange sheets in the harvested rice fields is overlaped with the terrorists murder video.

© 2019 TAKURO GOTO